酵素と発酵食品

アイキャッチ【酵素と発酵食品】

発酵食品とは?

数年前から流行している「酵素ドリンクダイエット」。
食事の代わりに「酵素ドリンク」と呼ばれる飲料を飲んで、それを食事と置き換えてダイエット(減量)をするというものです。
そうした商品が販売されている場所で、よく見かけるのが「年齢と共に体内の酵素が減少するので、外から補いましょう」というものです。でも、はたして本当に「酵素」は外から補えるのでしょうか?

私たちの体には、食べた物を消化するための「炭水化物分解酵素」や「タンパク質分解酵素」、「脂肪分解酵素」などの「消化酵素」があります。また、体の代謝機能や修復、タンパク質やビタミンの合成、毒素の排出といった生命活動や生命維持に欠かせない役割を果たします。

酵素【バナー2】

無数の「代謝酵素」が存在します。


しかし、外から摂った「酵素」は酵素として体内で働くことは非常に限られます。
口から直接「酵素」を摂ったとしても、自分自身の「消化酵素」によって分解されてしまいます。何故かというと、「酵素」はタンパク質の一種だからです。

タンパク質は食事から摂った場合、「タンパク質分解酵素」によって分解され、アミノ酸の形で腸から吸収されます。酵素としては吸収され、体内で酵素として働くことはないからです。

欧米で販売されている「酵素(エンザイム)サプリ」は、微生物が作った消化酵素(麹など)などを粉末化し、食事の際に一緒に飲むことで口の中や胃の中で消化の負担を軽減し、食べた物の吸収を高めることを目的としたサプリメントです。エンザイムサプリメントも、胃酸や消化酵素によって分解されて酵素活性は無くなった状態で吸収されます。

体内の「酵素」を増やすポイントは「腸内細菌」

それでは、体の中の「酵素」を増やすことはできないのでしょうか?
直接的に補うことはできませんが、2つの方法で「酵素」を作る手助けをすることができます。

1、「酵素」=「タンパク質」の材料となる栄養素をバランスよく摂る。

「酵素」は「栄養『素』」ではありません。「栄養素」と呼ばれるアミノ酸やビタミン、ミネラルなどを材料として、体の中で作られます。言い換えると、アミノ酸は「材料」で、DNAが「設計図」、そして酵素が「材料を基にして作られた製品」といったイメージです。

少し詳しく言うと、「酵素」はタンパク質ですので、約20種類あるアミノ酸が様々な順番で50個以上結合した形をしています。こうした「酵素」が体内で無数に作られていて、その種類ごとに使われているアミノ酸の種類や量、繋がっている順番が違います。
そのため、何かのアミノ酸だけが必要なのではなく、全てのアミノ酸がバランスよく必要になります。
また、「酵素」が働くためには「補酵素」と呼ばれるビタミンやミネラルを必要とするものがあります。
「酵素」が体の中できちんと作られ働くためには、バランスに富んだ栄養素の摂取がとっても重要なのです。

2、「腸内細菌」を活発にして「腸内細菌が作り出す酵素」を活発化する。

私たちの腸内には、1000種類1000兆個以上とも言われる「腸内細菌」が住んでいます。こうした「腸内細菌」たちは、実は私たちの「消化酵素」が分解しきれなかった食べ物を分解したり、腸内でアミノ酸やビタミンを作ってくれたりしています。

その時に働くのが「腸内細菌」が作る「酵素」です。そのため、「腸内細菌」を活発にすることが、体内(腸内)の「酵素」を増やして活発化することにつながるのです。

「腸内細菌」の中で、善玉菌として有名なのが「乳酸菌」「ビフィズス菌」などです。

ただし、「腸内細菌」は1億人いれば1億パターンの構成があるように、ひとそれぞれ腸内に住んでいる菌の種類や数が大きく異なります。よく、外から乳酸菌を摂って補いましょうと言われますが、「腸内細菌」は個人差が大きいので、単純に外から摂るだけでは効果が限られてしまいます。

酵素【バナー3】
それでは、自分の「腸内細菌」を元気にするにはどうしたら良いのでしょうか?

自分自身の「腸内細菌」を活発にするためには、善玉菌が作ったものや善玉菌の菌体そのものが効果的です。
なぜなら、「腸内細菌」は腸の中でお互いが作り出した代謝産物(活動によって作られる成分)をエサにして生活しているからです。この善玉菌が作った代謝産物をエサとして腸に届けることで、自分自身に生まれながらに住んでいる自分に最適な善玉菌などが、元気に働くようになります。

ここでおすすめなのが「発酵食品」です。「発酵食品」は人間にとって有益な微生物(善玉菌)の発酵によって作られますので、善玉菌の代謝産物や菌体が豊富に詰まっています。つまり、腸の中で行われていることを、体の外で事前に行っているようなものです。

体内の「酵素」や「腸内細菌」が作る「酵素」を有効に活用するためにも、是非伝統的に作られている日本の「発酵食品ビーマイフローラ」の摂取をお薦めします。栄養バランスも非常に優れていますので、体の中で「酵素」を作る材料としても効果的です。また「腸内細菌」は「酵素」だけでなく、免疫や感染防御、疾患予防や脳の発達にとても重要な働きをしています。

日本では「植物発酵物」を何故か「酵素」と呼ぶ風習が以前からあるため、「酵素」と呼ばれてしまうことがありますが、「植物発酵物」と科学名の「酵素」とは全く別のものです。

酵素【バナー1】