ビーマイフローラ栽培

アイキャッチ【家庭菜園】

野菜栽培への活用【家庭菜園・市民農園】

ビーマイフローラで実現する完全無農薬・有機栽培農法

オーガニック野菜の人気が高まる一方、多くの農作物は昔に比べて栄養価が低いと言われています。
その原因は、土の健康状態が良くない為です。本来、健康な地中では虫やミミズが様々な命が生息し、人の腸内と同様に、善玉菌が作り出す酵素やミネラルが地中の有機物を分解・発酵することで、フカフカと暖かい、豊かな土壌になります。健康な土で育った植物は農薬や化学肥料などなくても丈夫で強く、栄養豊富で、美味しくなります。

ビーマイフローラは人の腸内環境と同じように、土壌の微生物バランスを善玉菌優位にし、強く健康な土へと改良する事ができます。
ビーマイフローラ(原液を5000倍に希釈して苗づくり・希釈した液を土壌に散布・希釈した液を水やりの際にも使用)するだけ!

ビーマイ農法【バナー2】

ビーマイフローラで土壌改良

ビーマイフローラを加えた土は善玉菌が活発になり、ミミズや益虫(害虫を食べたり受粉を媒介したりして、人類に役立つ昆虫)も元気。
柔らかく酵素や水を良く含んだ植物の根が広がり、毛細根も伸びやすくなります。その結果、根の吸収力は向上し、土の栄養分をしっかりと取り込んでさらに元気になります。
稲栽培において、ビーマイフローラで土壌改良した根の伸長率が高くなることが証明されました。その他、スイカ、苺、メロン、トマトなどは糖度が上がり、レタスなどの根張り・葉共に成長が著しく、トウモロコシなどは、糖度が上がり収穫量も上がりました。リンゴの成長も長も実付きも良いとの結果です。

ビーマイフローラで、土壌改良した土は植物を病気から守り、保湿力の高いため、水やりの手間を削減できます。植物の病気に対する抵抗力を高める効果を実感できます。さらに、害虫対策として、無農薬野菜・果樹の栽培が容易になり、美味しくなります。
安全・安心・環境に負荷が無く、新農法栽培を実現しました。

バナー【畑】


ビーマイフローラによって硝酸態窒素の含有量低減栽培実現

農業関係者の間で、農薬以上に問題視しているのが、硝酸態窒素です。硝酸態窒素とは、あらゆる生活習慣病の根本、がんの引き金等の原因になると言われている物質です。農水省の資料によると、1945年に米国で、硝酸態窒素を高濃度に含む井戸水を飲んだ幼児2人にメトヘモグロビン血症を発症した事例が報告されて以来、世界中で2000件以上の報告がされ、その7~8%が死亡に至っているという恐ろしいものです。

水や土の硝酸態窒素は当然、野菜に吸収され、野菜が原因とされる事例も多く報告されています。日本国内ではまだ、人の中毒報告はほとんどありませんが、家畜では1965年から、1972年の間に98件、458頭がの中毒が発生し、そのうち128頭が死亡しています。しかし、現在の日本の栽培方法では硝酸態窒素が多くなり、日本人の摂取量は世界平均の約3倍とまで言われてます。ビーマイフローラによる、土壌改良をした土で、収穫されたほうれん草、レタスの硝酸態窒素の含有量を測定したところ、ほうれん草では、EUの基準の三分の一、レタスではEUの基準の四分の一を達成しました。

無農薬栽培を目指すには

農薬を使えば、有害な生物だけでなく、有益な微生物やミミズなどの益虫、小動物も死んでしまうのが、当たり前。また、農薬を頻繁に使用すると病害虫に抵抗力がついて、薬が効かなくなる事もあります。すると、病害虫が大発生し、植物への被害は甚大なものになります。そして、さらに強い薬が必要となります。

人体への影響を考えれば、農薬はもちろん、合成化学物質は使いたくないというのが本音でしょう。そして、自然環への影響も考えなくてはなりません。
でも、「虫に食われた野菜なは売れない」「病気に弱い植物を守りたい」「作業を効率化したい」などの理由から、完全無農薬栽培を実現する事が難しいのが現状です。化学合成農薬を減らし、無農薬栽培を目指すには、抵抗力のある健康な土壌に戻すことが肝心なのです。

バナー【畑2】


現況耕作地ビーマイフローラの目的

最近、鉄欠乏症問題とっています。環境破壊、雨などよって耕作地酸性化しています。鉄は水分を組む土壌中では、二価の鉄イオン(Fe2+)か三価の鉄イオン(Fe3+) の形態で存在します。
植物の肥料の三要素、窒素、リン酸、カリウムあり、次いでカルシウム、マグネシウム、硫黄等の肥料が知られています。土壌充填剤として鉄は微量要素ではあるが植物の光合成、葉緑素合成、酸化還元、その他の生育反応等に関与ています。鉄は植物に必要不可な要素です。
通常の鉄は土壌中で酸化鉄なり、植物に吸収・摂取されにくいのです。この様な事から、鉄欠乏症が顕著化、問題化しているのが、現状です
これに対し植物等の生体内では二価の鉄イオンのみ存在します。そこでビーマイフローラは、炭素鉱物資源を二価の鉄イオンとして土壌中に溶出させ、植物に吸収、摂取させる働きを目的とした土壌改良ができます。

作付けの背景

以前より実践している家庭菜園や市民農園をお持ちの方などからも、ビーマイフローラ希釈液を上げて育てるようになり、いつもの年より、プチトマトの収穫量があがった。虫が付きやすかった葉に虫が付かなくなった。成長が早くなった、大きく育ったなど、沢山のお声を頂いてます。

作付けの時には最初に元肥(鶏糞等)、石灰等の使用をお勧めしております。
ビーマイフローラは土壌改良、植物活力効果が見込めます。

簡単に誰にでもできます。皆様もビーマイフローラで、素敵な植物や野菜など育ててみて下さい。
ビーマイフローラは、農薬を使用した土壌も変える実験の結果、農薬や化学肥料を使っていた土壌でもビーマイフローラ希釈液をかけると、残留農薬の数値が下がる事が確認されました。
ビーマイフローラ栽培は家庭菜園や花壇、ご家庭の観葉植物にもお使用頂けます。

バナー【農業】2個ver

ビーマイフローラ栽培情報【家庭菜園・市民農園】