ビーマイフローラ栽培

アイキャッチ【家庭菜園】

野菜栽培への活用

ビーマイフローラで実現する完全無農薬・有機栽培農法

オーガニック野菜の人気が高まる一方、多くの農作物は昔に比べて栄養価が低いと言われています。
その原因は、土の健康状態が良くない為です。本来、健康な地中では虫やミミズが様々な命が生息し、人の腸内と同様に、善玉菌が作り出す酵素やミネラルが地中の有機物を分解・発酵することで、フカフカと暖かい、豊かな土壌になります。健康な土で育った植物は農薬や化学肥料などなくても丈夫で強く、栄養豊富で、美味しくなります。

ビーマイフローラは人の腸内環境と同じように、土壌の微生物バランスを善玉菌優位にし、強く健康な土へと改良する事ができます。
ビーマイフローラするだけ!

ビーマイ農法【バナー2】

ビーマイフローラで土壌改良

ビーマイフローラを加えた土は善玉菌が活発になり、ミミズや益虫(害虫を食べたり受粉を媒介したりして、人類に役立つ昆虫)も元気。
柔らかく酵素や水を良く含んだ植物の根が広がり、毛細根も伸びやすくなります。その結果、根の吸収力は向上し、土の栄養分をしっかりと取り込んでさらに元気になります。
稲栽培において、ビーマイフローラで土壌改良した根の伸長率が高くなることが証明されました。その他、スイカ、苺、メロン、トマトなどは糖度が上がり、レタスなどの根張り・葉共に成長が著しく、トウモロコシなどは、糖度が上がり収穫量も上がりました。リンゴの成長も長も実付きも良いとの結果です。

無農薬栽培を目指すには

農薬を使えば、有害な生物だけでなく、有益な微生物やミミズなどの益虫、小動物も死んでしまうのが、当たり前。また、農薬を頻繁に使用すると病害虫に抵抗力がついて、薬が効かなくなる事もあります。すると、病害虫が大発生し、植物への被害は甚大なものになります。そして、さらに強い薬が必要となります。

人体への影響を考えれば、農薬はもちろん、合成化学物質は使いたくないというのが本音でしょう。そして、自然環への影響も考えなくてはなりません。
でも、「虫に食われた野菜なは売れない」「病気に弱い植物を守りたい」「作業を効率化したい」などの理由から、完全無農薬栽培を実現する事が難しいのが現状です。化学合成農薬を減らし、無農薬栽培を目指すには、抵抗力のある健康な土壌に戻すことが肝心なのです。

バナー【畑2】


現況耕作地ビーマイフローラの目的

最近、鉄欠乏症問題とっています。環境破壊、雨などよって耕作地酸性化しています。鉄は水分を組む土壌中では、二価の鉄イオン(Fe2+)か三価の鉄イオン(Fe3+) の形態で存在します。
植物の肥料の三要素、窒素、リン酸、カリウムあり、次いでカルシウム、マグネシウム、硫黄等の肥料が知られています。土壌充填剤として鉄は微量要素ではあるが植物の光合成、葉緑素合成、酸化還元、その他の生育反応等に関与ています。鉄は植物に必要不可な要素です。